妊娠中に大切な栄養と食生活について知っておきたいこと

MENU

妊娠中の栄養素について

妊娠すると赤ちゃんが栄養をほしがっているからと、むやみやたらにたくさん食べてしまう人がいますけど、それは間違いです。
確かに妊娠中は普段よりも1割〜2割増しの栄養素が必要と言われています。
ただ、何でも食べればいいというわけではありません。

 

まず考えるべきなのは栄養素の質です。
体に良くてヘルシーな食事をするよう心がけましょう。

 

妊娠中であっても高カロリーなものより、低カロリーな食材のほうが体にとってはいいのです。
妊娠中に気をつけたいのは体重の増加です。
もちろんお腹の中に赤ちゃんがいるということで体重は増えます。
でも、過度な増加はお母さんの体にとっても赤ちゃんの体にとっても良いことではありません。

 

なので妊娠中は栄養素の質が良いもので、低カロリーな食材を適度に食べる必要があります。
それが安産のための体づくりと言えるのです。

 

ただし、低カロリーのものばかりを食べているのも良くありません。
偏った食事はダメ。
たくさんの食材をバランスよく組み合わせて食べる食生活を心がけてください。

 

最近、妊娠している姿を撮るマタニティーフォトが秘かに人気です。

妊娠中の食生活

妊娠中はついつい食べ過ぎて体重が増えてしまうという話をよく耳にします。
確かにお腹の中に赤ちゃんがいるということで、その分の体重は増加しますが
太り過ぎは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても良くありません。

 

そこで、安産のためにまず気をつけたいのが食生活です。
むやみやたらとなんでも食べればいいというわけではなく、
質の良いものをバランスよく食べるようにしましょう。

 

体に良い食材としてまず思い出すのが野菜ですよね。
野菜はヘルシーだしビタミンも豊富です。
特に色の濃い野菜、緑黄色野菜は鉄分、ビタミン、カルシウム、食物繊維など、
妊娠中に必要な栄養素がたくさん含まれています。

 

緑黄色野菜の食べ方としては、加熱処理をすることをおすすめします。
生野菜よりも煮たり炒めたり蒸したりした方が、たくさんの量が食べられます。

 

妊娠すると味覚が変わり、今まで好まなかった食べ物も欲しくなると言われていますが、
赤ちゃんのためにも健康な体作りを心がけましょう。

 

妊娠中の食事に関すること

 

妊娠中に体重の増加を気にする人がいますが、お腹の中に赤ちゃんがいるということで普段の1割から2割増しの栄養素が必要になるため、少々の体重増加は仕方ありません。
まず大事なのはお腹の中の赤ちゃんであり、安産のためには健康な体作りが大切です。
毎日の食生活は質の良いバランスのとれた食事をするよう心がけましょう。

 

どのような食事が健康に良いのか、やはり体にとって大事なのはビタミンで、それは妊娠中でも同じです。
特に色の濃い緑黄色野菜などを積極的に摂取するよう心がけましょう。
大豆製品も体の主成分となるタンパク質が豊富に含まれていて、赤ちゃんの体や脳をつくるために必要な栄養素です。

 

大豆製品は植物性タンパク質がたくさん含まれていて、動物性タンパク質よりも低カロリーです。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富なので積極的に食べるようにしましょう。
妊娠中の体作りは、お腹の中の赤ちゃんにとって最も重要です。
ヘルシーで質の良い食材を食べるよう心がけましょう。